9月2010

蛇腹式カメラ(Voigtländer Bergheil)事始-(2)

現像を依頼したネガフィルムを回収してきました。一番心配した致命的な光漏れや露光量の過不足はありませんでした。
フィルムスキャナーが手元にないので、代わりにネガを蛍光灯式のフィルムのViewerに載せた状態でカメラで撮影し、Photoshopで階調を反転させてみました。
できれば週末にでも、ブローニー用のスキャナーを持っている店を探してを試してスキャニングを依頼してみたいと思います。

IMGP0886t2

IMGP0888t2

IMGP0888t1a3

蛇腹式カメラ(Voigtländer Bergheil)事始

Voigtländer Bergheil の本体とブローニーのロールフィルム用フィルムバック(フィルムバックは筐体部とフィルムのリール軸と巻き取りノブのついたマガジン?からなり、筐体部には6X9用と6X6用の2つの赤窓が設けられている)IMGP0866t6
部屋の隅に眠らせていた蛇腹式のフォクトレンダーBergheil でどんな作品が作れるか試すことにしました。世界で唯一のレンズ交換式蛇腹カメラで、Bergheil という名前を直訳すれば「美山(みやま)」でしょうか。山岳スポーツの盛んなドイツでの、登山に携行可能なカメラという当時(1930頃?)の自信に満ちたキャッチフレーズが目に浮かびます。

10年近く前の正月に近所のモールで開かれていた骨董市で見つけ、本当に写せるのか、半ば騙される覚悟で、でも、どうしても買わずにいられませんでした。蛇腹は破けていないように見えましたが、レンズのシフトは上下のシフトのみ生きていて、横向きシフトの機構はオイルが完全に固まってか?動かない状態でした。完全な状態のピントグラスと6×9版と6×6版の兼用フィルムバックと、標準レンズらしき105mmのHeliarだったかが付いていました。システム一式が入る革のケースはぼろぼろに近く、ベルトは切れていました。因みに、海外のブログでピントグラスのないシステムを入手して、探している事例を先日みましたので、幸運だったのかも知れません。

カメラ本体からレンズを外した状態(左)。純正のピントグラスにVittel水の古いボトルを写し込んだ状態(右)。Bergheil_2x
その後、いじっている間に105mmのレンズの絞り羽根が動き難くなり、偶然、中古カメラフェアかどこかで75mmのJena製カールツァイスを入手。これが不思議なことに後玉回転式です。それにしても、Jena(イエナ)とは、なんと美しく魅惑的で魔術的な響きを持つことばでしょう!!

取り敢えず、今回の試し撮り(TX-400ノーマル撮影)の結果を示しながらでないと話にならないので、この文の残りは、それまでお預けということにします。
シャッターからの光漏れが無いかとか、標準でないレンズのためにフィルムの四隅に光が届いているか?とか、蛇腹の繰り出し量は大体適切だったのか?など種々の心配の種があります。
フィルムの仕上がりがまあまあでも、引き伸ばし機を片付けてしまっているので、どうやってプリントするかも問題です。フィルムスキャン?べた焼してスキャニング?など考えていますが。

純正の105mm標準レンズ(左)と何用に作られたか不明な後玉回転式で75mmのCarl Zeiss Jenaレンズ(右)IMGP0882t2
*****************************
昨日その一式を抱えて午後の港に行った。フィルム一本(6×9を8カット)使うのがやっとだった。カメラテストのようなもの~結果にわくわく。
***************************

CMSのインストールで難関はアップロードだった!?

CMSとしてWordPressを選択し、インストールを始めて体験しましたが、ここでは参考書に書かれていない難関にぶつかりました。

必要な手順としては、WordPressをサイト(http://ja.wordpress.org/)からダウンロードして、解凍して、wp-config-sample.php というファイルの一部を書き換えて、FTPでサーバーのWWWディレクトリにアップロードし、次にブラウザで/wp-admin/install.php にアクセス。そこからログインページに導かれる筈でした。

しかし、この通りやってもブラウザで/wp-admin/install.php にアクセスできません。wp-config-sample.phpの内容を再確認しても どうしてもアクセスできなかった。

結局、原因はFTPによるアップロードの方法にありました。WordPressを構成するファイルには複数のフォルダが含まれていて、幾つかのフォルダの中には更にサブフォルダが含まれています。そこで、少なくとも我が家のPCでは、単純にFTPでアップロードの操作を実行しても、サブフォルダの中などにアップロードしきれない積み残しが生じるようです。

結局、FTPのアップローダのテーブルで、サーバーにアップロード完了したフォルダを順番に全部開いては、中のファイルが全て揃っているかを、PC側のフォルダと比較して、積み残しがあれば(たくさん有りました)個別にアップロードし直す、という面倒な作業の末、めでたく/wp-admin/install.php にアクセス成功したわけでした。

みなさんも同様の面倒な作業をされてるのか?もしも他にもっと簡単で確実な方法があれば教えて頂きたいです。