CMSのインストールで難関はアップロードだった!?

CMSとしてWordPressを選択し、インストールを始めて体験しましたが、ここでは参考書に書かれていない難関にぶつかりました。

必要な手順としては、WordPressをサイト(http://ja.wordpress.org/)からダウンロードして、解凍して、wp-config-sample.php というファイルの一部を書き換えて、FTPでサーバーのWWWディレクトリにアップロードし、次にブラウザで/wp-admin/install.php にアクセス。そこからログインページに導かれる筈でした。

しかし、この通りやってもブラウザで/wp-admin/install.php にアクセスできません。wp-config-sample.phpの内容を再確認しても どうしてもアクセスできなかった。

結局、原因はFTPによるアップロードの方法にありました。WordPressを構成するファイルには複数のフォルダが含まれていて、幾つかのフォルダの中には更にサブフォルダが含まれています。そこで、少なくとも我が家のPCでは、単純にFTPでアップロードの操作を実行しても、サブフォルダの中などにアップロードしきれない積み残しが生じるようです。

結局、FTPのアップローダのテーブルで、サーバーにアップロード完了したフォルダを順番に全部開いては、中のファイルが全て揃っているかを、PC側のフォルダと比較して、積み残しがあれば(たくさん有りました)個別にアップロードし直す、という面倒な作業の末、めでたく/wp-admin/install.php にアクセス成功したわけでした。

みなさんも同様の面倒な作業をされてるのか?もしも他にもっと簡単で確実な方法があれば教えて頂きたいです。